ベルギーの化学品会社ソルベイの日本法人、ソルベイジャパン株式会社(東京都港区愛宕、代表取締役社長:井本 万正)は3月28日(木)、「『ソルベイ未来化学』コンベンション ~Chemistry for the Future~」を駐日ベルギー王国大使館にて開催しました。本コンベンションには、ノーベル賞受賞者である野依良治氏をはじめとする一流の科学者や、3月1日にソルベイ社の新CEOに就任し今回が初めての来日となったイルハム・カドリを含むビジネスリーダが集まりました。カドリは、気候変動という人類の課題解決に向けて「化学」を中心としたサイエンスが果たす役割について強い期待を示しました。

chemistry-of-the-future-japan-2019

左から:Gunther Sleeuwagen, Ambassador of H.M. the King of the Belgians,野依良治科学技術振興機構研究開発戦略センター長,石塚博昭新エネルギー・産業技術総合開発機構理事長, Ilham Kadri, CEO of Solvay, Nicolas Cudré-Mauroux, Solvay Group General Manager Research & Innovation,山口裕視三井物産株式会社執行役員

 

本コンベンションは、駐日ベルギー王国大使館とソルベイジャパン株式会社が主催し、一般社団法人 日本化学工業協会、公益社団法人 日本化学会の後援のもとで開催しました。

 

「ソルベイは、創業者のエルネストソルベイに始まり、155年にわたる研究とイノベーションの歴史において、サイエンス(科学、化学)と産業が人類の進歩に貢献すると確信しています。ソルベイは、日本市場において50年の歴史を有しておりますが、日本の持つ素晴らしい科学技術の力と世界三位の市場規模を考えた時、更に深くコミットすることによって、環境問題をはじめとする社会的課題の解決に向け、産業界や科学界における共有価値(CSV)を創造するパートナーとしての関係を進化・深化したいと願っています。」とソルベイ社の新CEOのカドリは話しました。

 

日本におけるコミットメントの象徴として、本年1月に国立研究開発法人 産業技術総合研究所(産総研)とソルベイは、持続可能な社会の構築に寄与する長期開発契約を締結しました。また、2017年には、京都大学の北川進教授が「ソルベイ未来化学賞」を受賞しています。

 

コンベンションでは、科学技術振興機構 研究開発戦略センター長の野依良治氏、新エネルギー・産業技術総合開発機構理事長の石塚博昭氏、三井物産株式会社執行役員の山口裕視氏、ソルベイ社CTOのニコラ キュドレ・モルーが、化学の未来をテーマに講演を行いました。

 

■ソルベイ社CEO イルハム・カドリ

Ilham Kadri, Solvay CEO, Belgium

ストラスブールのL'Ecole des HautsPolymèresで化学工学の学位を取得し、ストラスブールのLouis Pasteur大学で高分子物理化学の博士号を取得。

2018年12月31日までは、衛生、洗浄液、食品の安全性、感染防止の分野で世界をリードするDiverseyの社長兼最高経営責任者。また、米国を拠点とする給湯器の世界的大手メーカーおよびサプライヤー、A.O.スミスの役員でもある。

23年間のキャリアの中で、Shell-Basell、UCB-Cytec、Huntsman、Rohm Haas-Dow Chemical、およびSealed Airなどのトップ多国籍企業で、さまざまな役職を歴任。これまで、自動車、航空宇宙、石油・ガス、鉱業、海水の淡水化、建設、消費財、フードサービス、ヘルスケアなどの業界において、研究開発、戦略、ビジネス、デジタリゼーションなどを手掛けてきた。更には、複数のM&Aによる変革にも携わる。

2013年に当時のDiverseyの所有者であるSealed Airに入社し、Diverseyの劇的な改善を主導。会社の業績を伸ばし、2016年にはスピンオフとその後のBain Capitalへの売却を主導した。

Diverseyでは、2013年以降利売り上げと利益の年次二桁成長を実現させ、社業はヘルスケアとフードサービスの高成長分野へと拡大。明確な業績目標と報酬制度の設定により、2016年の従業員エンゲージメントは80%へと倍増した。

 

■ソルベイについて ソルベイは先端材料および特殊化学会社で化学品の発展にコミットしており、重要な社会的挑戦に取り組んで います。ソルベイは、多様なエンド・マーケットにおいて世界中のお客様とパートナーシップを組んでいます。製 品は、航空、自動車、バッテリー、スマートデバイス、医療機器、採鉱や石油・ガス採取など、その他多くの効率 や持続性の向上に使用されております。軽量化材料はクリーナーモビリティを高め、フォーミュレーションズは資 源活用を最適化し、パフォーマンスケミカルズは大気や水質を改善します。ソルベイはブリュッセルに本社を置 き、61 か国に約 26,800 名の従業員を擁しています。(売却予定のポリアミド事業は含まれておりません。)