ジョージア州アルファレッタ、2015年11月3日– 高機能ポリマーの世界的サプライヤーであるソルベイスペシャルティポリマーズは、先週開催された2015 Composites and Advanced Materials Expo(CAMX)において、韓国の先駆的なコンポジットメーカーであるHankuk Carbon社が、靭性、耐熱性、加工均一性の向上を目的に、高機能製品Virantage® ポリエーテルサルホン(PESU)を同社の熱硬化性コンポジットのプリプレグに採用したと発表しました。このプリプレグは、主要な米国自動車メーカー市販車のフェンダーやルーフ用に開発されたものです。ソルベイは、カーボンコンポジットの採用が広がる自動車業界を積極的に支援することを、軽量化ソリューションを幅広く提供することで、明確に示しています。

「自動車業界のグローバル企業であるお客様は、車体の軽量化や厳しさを増す排ガス規制への対応に尽力されており、その実現のために、高機能熱硬化性コンポジットtoughenersの分野で業界をリードするソルベイは、注力しています。」と、ソルベイスペシャルティポリマーズのglobal business development manager for Aerospace and CompositesであるArmin Klesing氏は述べています。「このような最先端の用途に関するHankuk Carbon社とソルベイの提携は、既存の製品と比べVirantage® PESU toughenersの付加価値を強調するものです。」

Institute for Advanced Composites Manufacturing Innovation(IACMI)によれば、繊維強化樹脂コンポジットは、性能や安全性を損なわずに従来の乗用車の重量を50%削減し、燃費も35%近く改善する可能性があります。最先端のポリマー技術を用いて加工されたコンポジットには、金属よりも耐腐食性と耐候性に優れる、という利点もあります。また、メンテナンスの手間も軽減します。

Virantage® PESU toughenersを添加することで、熱硬化性コンポジット部品の耐衝撃性は40%近く高まり、耐熱性も大幅に向上します。Virantage® PESUマイクロナイズドパウダーは幅広いエポキシ系樹脂に対応するため、従来の耐衝撃改良剤よりも迅速に分散します。これにより、コンポジットを大量生産する際の加工性と均一性が向上します。すでに民間航空機および軍用航空機用のプリプレグ製造では幅広い使用実績があるVirantage® PESU toughenersは、新たなCO2 排出規制への対応を迫られている自動車エンジニアリングの分野でも、車体の軽量化に欠かせない部材として高い関心を集めています。

Hankuk Carbon社について

1984年に韓国で設立されたHankuk Carbon社は、釣竿用のカーボンプリプレグ製造会社として事業をスタートしました。以来、同社のカーボンプリプレグは、スポーツ用品、エレクトロニクス、建築、自動車などの分野で品質改善のために用いられています。液化天然ガス(LNG)の需要拡大に伴い、LNG貨物用の断熱パネルの製造にも進出しています。韓国の伝統的な床暖房システムに用いるガラスペーパーも提供しています。

Hankuk Carbon社は、韓国のMiryang(密陽市)とHamyang(威陽郡)に3つの工場を所有しており、生産能力は700万m2です。2014年には2億ドルの総売上高を計上しました。同社はISO 9100およびAS 9100などの品質システムを維持しています。同社子会社のHankuk Fiber Glass社は、グラスファイバーや光学ガラスを製造する株式非公開企業です。Hankuk Carbon社は韓国証券取引所に上場しています。詳細については、www.hcarbon.comをご覧ください。

ソルベイスペシャルティポリマーズについて

ソルベイスペシャルティポリマーズは、35の高機能ポリマー商品ブランドのもと、1,500以上の製品- フッ素樹脂、フッ素エラストマー、フッ素系流体、半芳香族ポリアミド、サルホン系樹脂、超高機能性芳香族樹脂、高バリア性樹脂、高機能性架橋コンパウンドを、航空宇宙産業、代替エネルギー、自動車、ヘルスケア、メンブレン、石油・ガス、パッケージング、配管、半導体、ワイヤー/ケーブル、その他のマーケットに供給しています。詳細はwww.solvayspecialtypolymers.co.jp.を参照ください。

国際的な化学企業グループとして、ソルベイはこれまで以上に信頼と価値を生み出す解決策を導くように努めています。ソルベイの純売上高の90%以上を占めている事業において、当社は世界のトップクラス3社のひとつに数えられています。お客様の業績向上と生活の質の向上を目指し、自動車、航空、電気/電子部品など、エネルギーから環境までの幅広い市場で製品を提供しています。当グループはブリュッセルに本社を持ち、52カ国に約26,000名の従業員を擁しており、2014年の純売上高は102億ユーロでした。ソルベイSA(SOLB.BE)はブリュッセルとパリにおいてNYSE Euronextに上場しています(Bloomberg : SOLB.BB – Reuters : SOLB.BR)。