マスバランス方式による新しい製品ポートフォリオは2023年中に全世界に提供を開始

ブリュッセル・ベルギー、 2023926

ソルベイは、米テキサス州ボーガーのポリフェニレンスルフィド(PPS)製造工場と、ベルギーのカロ・ベーフェレンに保有するライトン® PPS ECHOコンパウンド工場が、世界的に広く認知されている国際持続可能性カーボン認証ISCC PLUS1)制度に基づくマスバランス(MB2)方式による生産の認証を取得したことを明らかにしました。

これらのMB方式により生産された製品は、バージンのPPS樹脂と同等の技術的特性と品質を示すため、導入に際して再度の検証が必要ありません。そのため、より持続可能で環境に配慮した材料へのスムーズかつ確実な移行を求めるメーカーにとって、バイオサーキュラー原料を使用したPPS製品は理想的な材料です。

ソルベイのE-モビリティおよびサステナビリティマーケティング部門のマネージャーを務めるYsée Génotは、「ソルベイのマスバランス対応PPSグレードは、加工性や最終用途における性能を損なうことなく、Scope 3(スコープ3)の排出量3とカーボンフットプリントの削減に努めるお客様の積極的な取り組みに応えるものです」と、コメントしています。

ライトン® PPSコンパウンドは、自動車、電気・電子機器、家電製品で広く使用されており、特に高い熱的および機械的性能の要件を満たします。このコンパウンドは、長年にわたり金属や熱硬化性樹脂を置き換えることで低燃費化とコスト削減を実現し、部品統合を推進してきた歴史を有しています。

より持続可能な未来の実現に向けたソルベイのサステナブルソリューションは、IPF Japan 20231128日~122日、幕張メッセ)のソルベイブース50010にてご紹介いたします。

ライトン®は、ソルベイ社の登録商標です。

1 ISCC PLUSは、欧州委員会の再生可能エネルギー指令 IIRED II)の枠組みに属さない規制対象外の市場向けに、循環型製品およびバイオベース製品、再生可能エネルギー、食品、飼料、バイオ燃料に関する自主的な認証を提供しています。この認証は、農業や林業、バイオ廃棄物、残留物、再生可能材料やリサイクル材料など、循環型経済やバイオエコノミーに貢献する原材料および原料を対象としています。


 

2 マスバランス(MB)方式を取り入れた再生可能原料やリサイクル材料による製造。ISCC PLUSの原則に従ったMBのコンセプトは、世界的に認知された業界標準となっており、材料および最終製品内の循環型原料および再生可能原料における持続可能性の割合を追跡する一連のルールを定義し提供しています。これにより、認証を取得した材料を使用する企業は、ソルベイのライフサイクルアセスメントの算出結果に基づいて材料組成のカーボンフットプリント削減を宣言することができ、企業経営者は消費者に対する持続可能性の強化を文書に表すことができます。

3 温室効果ガス(GHG)プロトコルの枠組みにおいて、Scope 1は企業内の生産プロセスによる直接排出、Scope 2は調達したエネルギーからの間接排出、Scope 3は材料供給、梱包、輸送など、生産活動の上流および下流で排出されるすべての間接排出を指します。

報道関係の皆さま

ISCC+認証を取得したライトン® PPSの詳細については、展示会ブースでの取材対応も可能ですので必要の際はご連絡ください。

ソルベイについて

ソルベイは、日常生活の多くの側面にメリットをもたらす技術を持つ科学分野を専門とする企業です。61か国に22,000人の従業員を擁するソルベイは、新たな形で科学を進展させるため、人材、アイデア、さまざまな要素のつながりを強化します。 同グループは、独自のロードマップ「Solvay One Planet」を通して、すべての方のためにサステナブルな共通の価値を創造することを目指しています。このロードマップは3つの柱、すなわち「気候を保護すること」、「資源を保護すること」、「より良い生活を育むこと」を中心に策定されたものです。同グループの革新的なソリューションは、ご家庭はもちろん、食品や消費財、航空機や自動車、バッテリーやスマートデバイス、医療用途、浄水システムや空気清浄システムで活用されている安全かつ環境に優しく、よりサステナブルな製品に貢献しています。1863年創業のソルベイは現在、ほぼすべての事業活動で世界上位3位の企業として位置付けられており、2022年には純売上高1304,000万ユーロを達成しています。詳細は、www.solvay.com にアクセスしてご確認ください。

プレスコンタクト

Jiali Xie 

+86 18817971093

jiali.xie@solvay.com 

Marketing Communications Automotive APAC

弊社のX(旧ツイッター)@SolvayGroupでも情報が得られます