ソルベイ従業員と社会全体の人々の生活の質を高めます

何百万人もの人々の生活の質を高めるため、専門知識を駆使して私たちが共有するこの惑星を救う取り組みを進めます。

 

生活の改善のための3大目標を設定します

安全を最優先します

Asia Industrial Estate - MTP HP JV, Thailand

安全は私たちの最優先事項です。職場の安全について言えば、事故はたった1度でも起きてはならないものです。私たちは従業員の安全のためのターゲットとしてゼロ・アクシデント・ポリシーを宣言しています。

 

ソルベイの全従業員が毎日負傷することなく働き、無事に帰宅できるようにするため、引き続き厳格な「救命ルール」を適用し、セーフティ・カルチャーとセーフティー・リーダーシップを一層強化していきます。

 

ダイバーシティ&インクル―ジョンを組み入れます

Research and Innovation Center, Pessac, France

ソルベイのチームは企業の脈打つ心臓部であり、私たちはチームメンバー全員にとって可能な限り最適な環境づくりに専念しています。多様で包括的な企業文化の推進、モビリティの強化、研修と成長の機会、市場の基準を超える普遍的福利厚生の提供といった施策により、世界中の同僚のウェルビーイングを確保することを約束します。

 

ソルベイではビジネスインテグリティ規範によって、包括的な職場を実現する準備が整っています。ソルベイの職場は人種、民族性、宗教、国籍、肌の色、性別認識、性的指向、年齢、政治的思想、家族状況などにおける多様性を歓迎します。

 

2035年までに完全に性別のバランスの取れた企業になるというソルベイの目標は、氷山の目に見える一角に過ぎず、私たちが熱望するのはそれだけではありません。ソルベイは従業員一人一人が仕事に全力で取り組むことのできる環境を理想としています。

 

例えば、ジェンダーの平等を推進するための主要な方策の1つとして、「ソルベイ・ケア」福利プログラムを拡大し、父親育休期間を大幅に変更し(16週間)、この休業制度を取得できる対象を共同育児に携わる全ての従業員に広げています。

 

育児休業・父親育休制度を拡大します

father-holding-his baby

ジェンダーの平等を推進する主要な方策の1つとして、「ソルベイ・ケア」福利プログラムを拡大しています。2021年までに世界全社の育児休業14週を16週に延長し、性別に関わらず共同育児に携わる全従業員がこの休業制度を利用できるようにします。

 

こうした社内措置に止まらず、今後も引き続きソルベイの持続可能なソリューションによって何百万もの人々のウェルビーイングに貢献していきます。

 

持続可能なソリューションにより、バリューチェーン全体におけるソルベイのビジネス・インパクトを増大させます

私たちの新たなソルベイ・ワン・プラネット計画に基づき、バリューチェーン全体で人々の生活の質を高める上で私たちが及ぼしている影響を評価します。


私たちの産業部門は、他に先駆けて数多くのイノベーションを成し遂げ、人々のウェルビーイングと健康増進に寄与してきました。既に2019年には私たちのソリューションの35%が健康増進と生活の質改善に貢献しており、その売上は33億ユーロに相当します。例えば血液透析の限外ろ過膜といった延命技術が、既に全世界で年間270万人の治療に適用されています。


100万人が世界中で及ぼし得る重要な影響を意識しつつ、私たちはさらなる貢献を目指していきます。


さらに2015年、ソルベイの持続可能なグア・イニシアチブを開始しました。このプログラムでは、農業者が適正農業生産規範に基づき作物を栽培できるよう、必要なツールと知識を農業者に提供することで、より持続的で高収率の農業生産を目指します。