北川進京都大学特別教授ソルベイ未来化学賞受賞記念シンポジウムを駐日ベルギー大使館にて開催

Click to enlarge

東京,  2018426---ソルベイジャパンは、北川進京都大学特別教授の「ソルベイ未来化学賞」受賞を記念し、ベルギー大使館との共同により大使館ホールにて、記念シンポジウムを開催しました。(後援:日本化学工業協会、日本化学会)

林芳正文部科学大臣をはじめ大手化学企業のCEO、CTO、及び学術団体、国家研究機関のトップの方々約100名のゲストを、ギュンテル・スレーワーゲン駐日ベルギー大使と共に大使館にてお迎し、北川特別教授に受賞理由となった有機金属フレームワーク(MOFs)についてのご講演を頂きました。その後、林文部科学大臣に来賓のご挨拶を頂戴し、パネルディスカッションにおきましては、北川特別教授、豊田理化学研究所の玉尾皓平所長、産総研の中鉢良治理事長、ソルベイのサイエンス&テクノロジーダイレクターのパスカル・メティヴィエのトップサイエンティストにより、「地球規模課題解決(持続可能性)に向けた化学の可能性について」と題して、熱い議論が交わされました(モデレーター:日本化学工業協会 渡辺宏専務理事)。最後に、ソルベイのボードメンバーであるジャン・マリー・ソルベイが、創業者以来脈々と科学の発展に尽くしてきたソルベイの歴史と情熱について、プレゼンテーションを行いました。その後に続いたカクテルパーティーでは、和やか雰囲気の中にも各々が化学の持つ可能性と果たすべき役割についての熱い思いを共有した、有意義な一日となりました。


027_RC7_0188

(講演する北川進京都大学特別教授)


053_RC5_4919

(左から: Patrick Maestro, Solvay Scientific Director、 Andre Nothomb, Solvay Grovernment & Public Affairs Manager APAC、 Jean Marie Solvay, Solvay Member of the Board、北川進京都大学特別教授、林芳正文部科学大臣、Pascal Metivier, Solvay R&I Science and Technology Director、 井本万正ソルベイグループ日本代表、Gunther Sleeuwagen, Ambassodor of H.M. the King of the Belgians)

As an international chemical group, SOLVAY assists industries in finding and implementing ever more responsible and value-creating solutions. Solvay generates 90% of its net sales in activities where it is among the world's top three players. It serves many markets, varying from energy and the environment to automotive and aeronautics or electricity and electronics, with one goal: to raise the performance of its clients and improve society's quality of life. The group is headquartered in Brussels, employs about 26,000 people in 52 countries and generated 10.2 billion euros in net sales in 2014. Solvay SA (SOLB.BE) is listed on EURONEXT Brussels and EURONEXT Paris (Bloomberg: SOLB:BB - Reuters: SOLB.BR).