Ixef® PARA

美観と強度 - 優れた組み合わせ

  Ixef® PARA product icon Click to enlarge

Ixef® PARA(ポリアリールアミド)は強度と美観を他にないレベルで併せ持つため、全体の強度と滑らかで美しい表面の両方を必要とする複雑な形状の部品に最適です。

代表的な Ixef® コンパウンドは 50~60% のガラス繊維強化材を含有し、優れた強度と剛性を備えています。この樹脂の独特な点は、ガラス繊維充填率が高いにもかかわらず、表面部分は樹脂の割合が多くなり、ガラス繊維の見えない滑らかで高光沢の表面仕上げが得られることです。これは、塗装や金属蒸着、また自然な光反射を示すシェルの製造に最適な特性です。

薄肉部材に適した高流動性

さらに、Ixef® PARA は非常に高い流動性を持つ樹脂であり、ガラス充填率が 60% と高い場合でも 0.5 mm 程度の薄肉へ容易に充填できます。

優れた表面外観

ガラス繊維含有量の高い配合であっても、表面部分は樹脂の割合が高く、素晴らしくつやのある外観が得られます。


Ixef_InMold


表面粗度

Ixef_SurfaceRoughness

非常に高い強度および剛性

Ixef® コンパウンドの引張り強さと曲げ強さは、環境温度で多くの鋳造金属や合金に匹敵します。Ixef® 1032(ガラス繊維 60%)の代表値は、23℃で引張強さが 280 MPa、曲げ強さが 400 MPa です。


引張り強さと引張り弾性率

Ixef_TensileStrengthModulus


引張特性の比較*
製品破断時の引張り強さ
MPa
引張り弾性率
GPa
Ixef® 1022  (ガラス繊維 50%)28020
Ixef® 1032  (ガラス繊維 60%)28024
スズ青銅300105
真鍮250105
アニーリング処理された亜鉛150105
亜鉛合金(4% Al、0.04% Mg)28085
アニーリング処理されたアルミニウム(99.6%)7069
ジュラルミン19074
Al Ag3 合金14069

*ASTM 試験方法(23℃)


曲げ強さと曲げ弾性率

Ixef_FlexuralStrengthModulus

データシート

幅広い製品レンジ

半芳香族半結晶性ポリアミドのベース樹脂に、ガラス繊維、炭素繊維、ミネラル、または高性能充填材が配合されています。耐衝撃性改良グレード、難燃グレード、およびカスタム着色グレードが用意されています。

標準グレード
ガラス繊維強化
Ixef® 1022ガラス繊維 50%、射出成形の汎用
Ixef® 1027ガラス繊維 50%、より優れた熱安定性
Ixef® 1032ガラス繊維 60%、一般射出成形用途
難燃
Ixef® 1521ガラス繊維 50%、難燃性
Ixef® 1524ガラス繊維50%、ハロゲンフリーの難燃性
耐衝撃
Ixef® 1622ガラス繊維 50%、耐衝撃改良
ミネラル/ガラス繊維強化
Ixef® 2030ミネラル/ガラス繊維 55%、低そり



特殊グレード
ガラス繊維強化
Ixef® 1002ガラス繊維 30%
Ixef® GS-1022ガラス繊維 50%、ヘルスケア用途向け耐ガンマ線性
Ixef® 1025ガラス繊維 50%、ヘルスケア用途向け耐UV性
炭素繊維強化
Ixef® 3008炭素繊維 30%
食品接触および飲料水の用途
Ixef® FC-1022ガラス繊維 50%、食品接触の認証済み
Ixef® DW-1022ガラス繊維 50%、飲料水用途の認証済み

その他の特性

非常に低いクリープ

Ixef® コンパウンドの耐クリープ性は、類似のガラス繊維含有率を持つ大部分のエンジニアリングポリマーよりも優れています。50℃の温度で 50 MPa の圧力を 1,000 時間加えた後の Ixef® 1032 の変形率は、1% 未満です。


高温での耐クリープ性

Ixef_CreepResistance

良好な寸法安定性

Ixef® コンパウンドの熱線膨張係数(CLTE)は、多くの鋳造金属や合金が周囲温度で示す値に類似しています。低い成形収縮率と、寸法公差を厳密に維持できる性能(適切に成形されたときの長さ方向の公差はわずか ±0.05%)により、高い再現性が得られます。

Ixef® 樹脂の熱線膨張係数
Ixef® 10221.5 10-5K-1(流れ方向)
Ixef® 10223.6 10-5K-1(直角方向)
鉄鋼1.2 10-5K-1
アルミニウム2.4 10-5K-1
真鍮1.8 10-5K-1
亜鉛3 10-5K-1

低く遅い吸水

Ixef® PARA は芳香族構造の割合が高いので、湿度に非常に敏感である代表的なポリアミドと比較して、吸水率が低く、吸水速度も低いという特徴があります。Ixef® 1022(ガラス繊維 50%)の吸水率は、室温で水に 24 時間浸漬した後でもわずか 0.16% です。


23℃、24 時間での吸水率

Ixef_MoistureAbsorption

良好な耐薬品性

Ixef® コンパウンドは、さまざまな化学薬品や洗浄液の水溶液、および次のような一般的な溶媒に高い耐薬品性を示します。

  • 脂肪族炭化水素
  • 芳香族炭化水素
  • 塩化溶剤
  • ケトン
  • エステル
  • エーテル
  • グリコール

120℃の代表的なエンジンオイル(タイプ SAE 10W30)に 2,000 時間浸漬した試験、また 40℃の自動車燃料に 2,000 時間浸漬した試験でも、良好な耐性が示されました。

加工容易性

Ixef® 樹脂は、ガラス繊維含有率の高いグレードも含めて、良好な射出性を示します。したがって、形状が複雑な部品や薄肉部品の成形に最適です。滑らかな外観表面のすぐ下の部分では、ガラス繊維が流れ方向に沿って配向し、中心部の繊維はランダムに配向しています。その結果、美観に優れ、滑らかな表面外観の強靱なポリマーが得られます。

推奨加工方法

加工温度
シリンダー温度
供給部250~280℃
圧縮部250~280℃
計量部/均質化部250~280℃
ノズル260~290℃
ホットランナー(使用する場合)250~260℃
溶融温度(パージされた材料で測定)
標準グレード(例:Ixef® 1022、2030)280℃
耐衝撃性改良グレード(例:Ixef® 1622)、および難燃グレード(例:Ixef® 1521、1524)<270℃
金型温度
金型温度120~140℃
可塑化
スクリュー回転数、円周上(1)3~10 m/min
背圧0~10 bar
射出
射出速度
射出圧500~1500 bar(材料)
保圧と冷却
保圧500~1500 bar(材料)
保圧時間(秒)3w (2)
冷却時間(保圧時間を含む)(秒)2.5w2(3)

(1)スクリュー直径 25~50 mm
(2)w = 肉厚(mm)
(3)w = 肉厚(mm) > 2 mm

金型温度

高い結晶化度を得るには、金型温度が 120~140℃である必要があります。これにより次の特性が得られます。

  • 良好な表面外観
  • 良好な寸法安定性
  • 優れた機械特性
  • 低吸水率