アルゴフロン® PTFE 造粒品

Click to enlarge

アルゴフロン® PTFE 造粒樹脂は、懸濁重合で得られた樹脂に後処理を施して「ファインカット」状にした PTFE パウダーです。アルゴフロン® S グレードは、流動性とかさ密度を向上したフリーフローパウダーであり、造粒処理により製造されます。

性能

主な特長

  • 化学的に不活性
  • 卓越した耐熱性
  • 優れた耐薬品性
  • 極めて低い摩擦係数
  • 比類なき離型性と撥水性

これらの特性が要求される産業で最適な選択肢です。

  • 極めて化学的に不活性
  • 比類なき耐熱性
  • 最適な絶縁性
  • 自己潤滑性
  • 自己消火性
  • 卓越した非粘着性、離型性
  • 優れた耐候性と耐老化性

加工

アルゴフロン® PTFE 造粒品は懸濁重合法にて合成され、特別に設計された後処理により、2 種類の異なるグレードを製造しています。

アルゴフロン® F

粒状「ファインカット」PTFE パウダー(代表的な平均粒径:15~35 µm)。通常の圧縮成形法で、炭素、グラファイト、ガラス繊維などの充填材を配合して加工します。

アルゴフロン® S

かさ密度と流動性を高めたフリーフローパウダーであり、アイソスタティック成形や自動成形、ラム押出しなどの方法で加工することができます。


用途

シール、ガスケット/バルブ、伸縮継手、パイプ/継手

厳しい条件下での耐熱性や耐薬品性が優れているため、航空宇宙、自動車、化学などの産業で使用されます。

保護ライニング

厳しい条件下での耐熱性や耐薬品性が優れているため、反応炉やタンクに使用されます。

電気絶縁体

高電圧回路遮断器のノズルをアルゴフロン® PTFE 造粒品(充填剤強化、または非充填)で製造すると、熱腐食に対する適切な耐性をもち、アーク放電の絶縁破壊時の高電圧に対して優れた絶縁特性を示します。

絶縁テープ

高い絶縁耐力、低い誘電正接、不燃性を特長とする薄く柔軟性の高いフィルムとして、モーター、変圧器、リレー、スイッチなどのコイル絶縁や層間絶縁に使用されます。

Technical Data Sheets

主要特性

特性試験方法単位アルゴフロン® PTFE
使用温度 -260~260
耐熱性  260℃まで安定
1時間当たりの質量減少率 
0.001%(350℃)
0.01%(400℃)
耐薬品性ASTM D543 高不活性
溶剤への耐薬品性ASTM D543 300℃まで不溶性
吸水率ASTM D570%0.0
摩擦係数ASTM D1894 静摩擦係数:0.08
動摩擦係数:0.06
熱伝導率ASTM C177W/m ℃0.24
燃焼性UL 94 V-0
限界酸素指数ASTM D2863%>95
耐放射線性
(γ線)
  低:
電気特性が不変
機械特性が低下
比誘電率(ε)
(60 Hz、最大 2 GHz)
ASTM D150 2.1
誘電正接(tg ε)
(60 Hz、最大 2 GHz)
ASTM D150 <3x10-4
体積抵抗率ASTM D257Ω cm1018