アロマパフォーマンス

2017年度の主な実績

  Madeleines Click to enlarge

picto_globe食品業界用バニリンの生産で世界第1位
石油化学製品用途のモノマー用ジフェノール中間体の生産で世界第1位

picto_sales純売上高3億6,600万ユーロ

2017年業績(underlying result, audited figures)

主な市場

食品および香水、医薬、農薬、電子、石油化学製品、エネルギー貯蔵

アロマパフォーマンスGBU(グローバル・ビジネス・ユニット)の成長戦略は、顧客との非常に密接なつながりを維持する強力なグローバルプレゼンスと、統合されたジフェノールのバリュー・チェーンに秘められた可能性の最大化を基盤としています。

食品および香料メーカーの全世界的需要への対応

世界トップのバニリン・メーカーであるアロマパフォーマンスGBUは、香料や香水メーカーからパートナーとして選ばれています。そのリーダーシップは、厳格な食品安全性および環境規制を満たす能力を基礎としています。
2013年には、このGBUは機能性バニラ香料シリーズで製品ポートフォリオを拡大しました。中核となるRhovanil®およびRhodiarome®ブランドに加えて、新しいGovanil™シリーズにより、食品業界の展望を開く新製品で他社との差別化を図っています。

高まる市場の需要に対応するため、アロマパフォーマンスGBUはフランス、メルでの天然物の生物変換によって得られる天然バニリン、Rhovanil® Naturalの生産量を倍増しました。このGBUは、鎮江(中国)に新たなRhovanil®バニリン生産ユニットの建設に着手し、2015年度中に操業開始予定です。この設備投資により、ソルベイのバニリン生産量は全体で40%増加します。このプロジェクトを支えるため、バニラ香料の開発および応用技術に特化した専門拠点の、Vanilエクスパート・センターが、フランス・サン-フォンとアジア・上海のR&Iに設立され、さらに、2014年にはシンガポールにも設立され、各地域の顧客のニーズに対応しています。アロマパフォーマンスGBUは、北米、ヨーロッパ、アジアに完全に統合された生産基盤を備え、この業界で最大のグローバルプレーヤーとしてその強い存在感を示しています。

他用途のジフェノール誘導体

アロマパフォーマンスGBUは、医薬、農薬、電子市場向けのジフェノール誘導体、そして、石油化学向けのモノマー安定剤やエネルギー貯蔵ソリューションも生産しています。