プロジェクトと価値

価値共有の歴史に基づくパートナーシップ

SI2-groundソルベイは10年以上にわたり、ソーラー・インパルス・プロジェクトの原動力となっています。ソーラー・インパルスは2015年、世界一周飛行の成功をかけて出発しました。ソルベイは、この革新的なイノベーションを通じた科学技術の進歩という努力が背後にあるこのビジョンに貢献し続けることを、心から光栄に思います。エネルギーチェーンの劇的向上、構造の改良、機体重量の削減を実現する最先端の技術にソルベイは貢献しています。 ”ソルベイによる軽量化と効率化”はこの歴史的な飛行の成功を実現するために不可欠な要素です。

このプロジェクトの創始者でチーフパイロットのベルトラン・ピカール氏は、ソルベイと協力してきた冒険家たちの血統を受け継いでいます。
ピカール氏は、ソーラー・インパルスCEOのアンドレ・ボルシュベルグ氏とともに、長年にわたる歴史的関係からソルベイをパートナーとして選びました。ただし選択の最大の理由は、当社グループは、技術的ソリューションだけでなく、価値観の点でも、このプロジェクトに優れた適合性を備えているためです。ソーラー・インパルスの掲げる信念は、ソルベイの信念でもあります。:大胆なアイディア、クリーンテクノロジーや画期的な技術革新が社会の過酷な困難を乗り越えることを可能にする。

我々のパートナーシップは、友情と技術の両方から成り立っています。ソルベイはソーラー・インパルスの機体だけでなく、我々の心も支えてくれているのです」とベルトラン氏は語ります。
SI2-太陽電池

ソーラー・インパルスは価値ある探究プロジェクトです。この技術的なパートナーシップにより、ソルベイは、航空機だけでなく、幅広い市場で使用される、6000個以上の部品の開発および製品化を行う機会に恵まれました。その一例が、当社製品が決定的なインパクトを与えたリチウムイオン電池です。そして、航空機の軽量複合構造は、航空・自動車向けのユニークなエネルギー削減の機会を与えました。

資源制約、そして持続可能な製品への高まる要求により始まったメガトレンドが、長年、ソルベイの企業戦略を推進してきました。私たちは利用可能な最善の技術を提供し、この夢を実現させたのです」とソルベイCEO、ジャン-ピエール クラマデューは語ります。