ソーラー・インパルス

ソーラー・インパルスとソルベイ :革新的でクリーンなテクノロジーが不可能を可能にしました!

  Abu Dabi Click to enlarge

2016年7月、出発地点であり、到着地点であるホストシティ、アブダビに戻ってきました。ソーラーエネルギーだけ飛行するソーラー・インパルスは、2015年3月にスタートし、40,000km以上を飛行し、2つの大海を越え、8つの世界記録を樹立して、この世界一周の旅を完走しました。

13年前に始まったこのプロジェクトの成功の結末であるこの驚異的な達成に対して、私たちはベルトラン・ピカールとアンドレ・ボルシュバルグを祝福します。

私たちは先見性のある、広範囲におよぶこのプロジェクトの立ち上げ当初からのパートナーであったことを誇りに思います。化石燃料ゼロ(ゼロ・エミッション)の世界一周飛行機のデザイン、構築、そして飛行というアイディアは、二酸化炭素を排出する化石燃料への依存を軽減し、斬新なクリーンテクノロジーを開発するという私たちの揺るぎないコミットメントと完全に合致していました。 

さらにこれは不可能を可能にするという化学の能力を実証するチャンスでもあり、私たちはそれを逃しませんでした!

2003年より、私たちの科学者、エンジニア、夢想家や革新者などの専門チームがソーラーインパルスと同じ志を持つ人たちや、これまでの慣習に縛られない業界をリードする技術パートナーと密接に協力しました。そして私たちは劇的にエネルギーチェーンを改善し、構造を強化し、この歴史的な飛行の成功に役立つ大変重要な要素である、ソーラー航空機の機体の重さを削減する技術を開発しました。  

もちろん、ソーラーインパルスの本当の旅には、フィニッシュラインはありません。ソーラー・インパルスが運んでいるメッセージは、終わりなき革新と可能性、持続性と強い信念です。明日の答えは今日手が届くところにあります。必要なのはさらに求めるだけなのです。

ソーラーインパルス主導による #Future Is Clean はこちら。


私たちと共通点がある、先駆的であり、革新的なプロジェクトのソーラー・インパルスは私たちのコミットメントと関与の火付け役となりました。そして私たちはこのプロジェクトに貢献できたことを誇りに思います。 

ジャン・ピエール クラマデュー
会長兼CEO  
  

"Thank you Solar Impulse" ビデオを見る

世界一周ルート